クンツァイト

クンツァイトは、セーラームーンに登場する敵組織、ダーク・キングダムの幹部の一人。四天王のリーダーとして最後にセーラー戦士たちと敵対する。名前の由来はリチア輝石。

長いストレートの白髪をオールバックにしており、マントも着用。アニメ版では肌の色が褐色だった。

四天王を束ねるリーダーであり、非常に冷徹かつ厳格な性格。同じくセーラー戦士のリーダーであるヴィーナスと対になる存在で、セーラーVの漫画でもそのような描写がみられる。

原作での活躍

原作ではうさぎがプリンセスとして覚醒した際に、連動する形で前世の記憶を取り戻した。そのため、衛に対しても礼を取るしぐさを見せる。

記憶を取り戻したことでクイン・ベリルに反逆するが、逆にそれを察知されて傀儡化。操られてセーラー戦士を攻撃し、最後はセーラー戦士四人による合体技で倒されてしまった。

その後はクンツァイトと言う名の石となり、衛の元へ戻った。

アニメでの活躍

アニメではゾイサイトの死を受けて、四人目の敵として登場。幻の銀水晶を奪おうとするも失敗、戦闘に突入してセーラー戦士を追い詰めるが、最後はセーラームーンによって倒された。

消滅する際にゾイサイトの名前を呼んでいることからも、二人は本当に相思相愛の仲であったようだ。

実写版での活躍

実写版でも四天王の中では唯一前世の記憶を取り戻している。が、前世の記憶があること自体を疎んでおり、それに関わる全てを滅ぼすつもりであったようだ。

最終的には主君であるエンディミオンとの戦いになり、敗北して死亡した。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加