スーパーセーラーウラヌス

アニメ・原作の第4期で、マーキュリーを始めとするセーラー戦士たちがスーパー戦士にパワーアップした。彼女たちはアニメではペガサス、原作では守護精霊から授けられたクリスタルの力で変身したが、ウラヌス達は少々異なる。

もともと高かった戦闘能力は、スーパーセーラーウラヌスになってさらにパワーアップされた。

スーパーセーラーウラヌスとなってもムーンたちと慣れ合わないのは相変わらず。敵を倒すために、常にネプチューンと行動を共にし、手段も選ばない。

アニメ第五期ではラスボスとの戦闘で命を落としたが、そのシーンもファンの間では名シーンとして名高い。

コスチューム

覚醒したセーラーサターンの力を受けてパワーアップしたのが、スーパーセーラーウラヌスだ。コスチュームにおいては、他の戦士たちと同様、一部の変更にとどまっている。

セーラーカラーはそれまでラインの入らない無地だったが、スーパーセーラーウラヌス以降は他の戦士同様白いラインが一本入っている。

肩のプロテクターが一枚だけ半透明になる、腰のリボンが少し長くなるなどの点も同じ。分かりにくい変更点として、それまで方耳だけに付けていたピアスが、スーパーかしてからは両耳に入るようになった。

必殺技

スペース・ソード・ブラスター

自らが持つタリスマン、「スペース・ソード」を用いて、風のエネルギーを使って敵を攻撃する。また、アニメではタリスマンそのものを使って敵の核を切り裂く描写もあった。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加