セーラーセレス

セーラーセレスは、太陽系内の小惑星を守護に持つセーラー戦士の一人。原作では第四期から登場。当初は敵に操られた状態で、セーラー戦士たちと敵対した。アニメでは設定が異なり、セーラー戦士ではない普通の少女が操られただけの存在だった。

セーラーカルテットと呼ばれる四人の守護戦士の中でも、セーラーセレスは長女的な立場のキャラクターとなっている。小惑星セレス(ケレス)を守護に持ち、イメージカラーは黄色、とされているが、見た目は全体的にピンクが強い。

デッド・ムーンに操られていた頃は、アマゾネス・カルテットの花使いセレセレと名乗っていた。

ピンク色の髪を頭頂部の高い位置でお団子にし、細い三つ編みを輪にした後両サイドに下している。セーラーカラーはピンク、胸のリボンは濃いブルーで、背中のリボンは薄いピンク色。

セーラーカルテット

セーラーカルテットは、次世代の月のプリンセス、ちびうさの守護戦士でもある。このため、外見年齢はマーキュリーたちよりもぐっと幼く、ちびうさよりもわずかに年上と言った印象だ。

アマゾネス・カルテットとしてセーラーチームと敵対した後、セーラーサターンによってセーラー戦士として覚醒させられた。

登場シーンが少ないため、必殺技などは描かれなかった。戦闘能力もやや控えめと言ったところだが、第五期では、窮地に陥ったセーラームーンたちを助ける活躍を見せている。

アニメではセレセレ状態の一人称が「わたくし」で、お嬢様風の上品な口調と性格だった。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加