セーラープルート

セーラープルートは、セーラーウラヌス、セーラーネプチューンと並ぶ外部太陽系三戦士の一人。時空の星、冥王星を守護に持ち、時間と空間を操る力を持っている。

太陽系外の敵を監視する役割を与えられた外部戦士なので、戦闘力はマーキュリーら内部戦士よりもずっと強い。また、時間と空間を操ることが可能なので、能力的には最強クラスと呼んでもいいかも知れない。

普段は時の番人として、異次元の扉を守っており、人の目に触れる事はほとんどない。孤独で、孤高で、だからこそ強い、そんな戦士なのだ。

コスチューム

コスチュームのイメージカラーは黒で、他のセーラー戦士たちとは異なり、肩のプロテクターが一切ない。胸と腰のリボンは紫に近い深い赤色となっている。

三つの禁忌

味方にするとめちゃくちゃ強そうなセーラープルートだが、その力ゆえ、プリンセス・セレニティからは三つの禁忌を与えられているらしい。
1.時間を移動するべからず
2.守るべき扉から決して離れるべからず
3.時間を停めるべからず

長い時間、孤独な時の番人として影からシルバー・ミレニアムを守り続けていた彼女の心に触れたのが、ちびうさことスモールレディであった。

だからこそ、プルートは第二期終盤で、彼女を助けるために最大の禁忌を犯して死亡する事になる。

その後、ネオ・クイーン・セレニティの力によって冥王せつなに転生させられたのではないかと言う説が有力だが、真相ははっきりしていない。

エンディミオンへの想い

プルート時代はプリンス・エンディミオンに恋をしていたと言う設定もある。

しかし、エンディミオンはプリンセス・セレニティと恋仲であり、また自身は時空の扉から離れる事のできない身とあって、叶わぬ恋に終わっている。

ちびうさに優しく接するのも、愛した男性の血をひく子だからなのかもしれない。

変身呪文

変身時の呪文は「プルート・プラネット・パワー・メイクアップ!」。最初に登場したのは第二期だったが、第三期以降は冥王せつなとして人間界にも登場し、変身して戦う。

戦闘能力

セーラー戦士たちは基本的に武器を携帯していないが、プルートは時空の扉を封印するための時空の杖(ガーネット・ロッド)を所持しており、戦闘にも使用している。

なお、時空の杖についている丸い球はタリスマンの一つ、「時空の珠(ガーネット・オーブ)」である。

必殺技

破滅喘鳴(デッド・スクリーム)

タリスマンであるガーネット・オーブから風を発して敵を吹き散らす、あるいは風化させる強力な一撃を放つ。

時間よ止まれ(タイム・ストップ)

時空の門番であるプルートの最大の禁忌。一定時間(時が止まっているのに時間というのも変かもしれないが)特定の人間以外の時間を停止させることができる。ただし、代償として使用者自身が命を失う。

時空嵐撃(クロノス・タイフーン)

時空の珠(ガーネット・オーブ)で竜巻を作り出して相手を攻撃する。

時空球(ガーネット・ボール)

時空の珠(ガーネット・オーブ)によって球体状のバリアーを張る。その状態のまま移動することも可能。

冥空封印(ダーク・ドーム・クローズ)

時空の杖(ガーネット・ロッド)のエネルギーで「時空の扉」を出現させ、異界と別の異界とを繋ぐ時空の通路を永久に封印する。
使用時は「偉大なる時空の守護神われらが父クロノスよ われに力を 裂かれた禁忌の扉を閉じよ!」という詠唱を伴う。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加