セーラーベスタ(ベスベス)

セーラーベスタは、原作第四期に登場する新たなセーラー戦士。次世代の月のプリンセス、ちびうさを守護するセーラーカルテットの一人である。初登場時は、ブラック・ムーンのネヘレニアによって呪いを受け、アマゾネス・カルテットという敵として登場した。

セーラー戦士として覚醒した際のイメージカラーは赤色。マーズよりも若干明るめの雰囲気だろうか。胸のリボンは濃い紫色で、真っ赤な髪色と相まって非常に情熱的な印象がある。

特徴

髪形が特徴的で、真っ赤な髪を頭頂部の高い位置で四連のおだんごにし、先端はエクステのような細い三つ編みにしてある。この部分もセーラージュノー同様、地毛なのかそうでないのかは微妙なところだ。

変身シーンは登場しないが、セーラー戦士の格好をしていない時はどんな髪型になっているのだろうか。

猛獣使いベスベス

アマゾネス・カルテットで名乗っていた名前は猛獣使いベスベス。アニメではセーラー戦士ではなく、ネヘレニアに利用されているだけの普通の少女、と言う設定だった。

セーラーベスタはアマゾネス・カルテットでは団長であり、年長者と言う事もあり、セーラーカルテットでもリーダー的役割を果たす。

作中での活躍

第五期では窮地に陥ったセーラームーンやちびムーンの前に現れ、ピンチから見事救って見せた。

小惑星の戦士と言うだけあって、年齢もマーキュリーたちに比べると低い印象。戦闘能力も低めなのだろうか。原作でも戦闘シーンはほとんど見られなかったため、実際のところがどうなのかは不明である

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加