美少女戦士セーラームーンの裏話

セーラームーンは大人気作品なだけに、知る人ぞ知る裏話も少なくない。ここではそんな裏話をいくつか紹介する。

セーラームーンの声が違う

アニメの第一期終盤、うさぎ役の三石琴乃氏は体調を崩してしまい、荒木香恵氏がしばらく代役を務めた。ちなみに荒木氏は、第二期以降ちびうさの声を担当している。

ルナが白猫の時がある

うさぎの相棒、黒猫のルナが、原作版の第一話、第二話で白猫として描かれた。コミックスにもそのまま収録されていたが、この度発売になった新装版では黒猫に修正されている。

アニメ版のパンチラカット

レイが登場するあたりの予告編で、キャラクターのパンチラが描かれることがあったが、本編では修正されている。が、本編でもばっちりパンチラしているシーンはたくさんあるので、何を基準に修正しているのかは謎である。

衛の子育て話に関する小ネタ

うさぎと衛が赤ちゃんを世話する話があるが、タキシード仮面役の古谷徹に子供が生まれた事を記念して作られたエピソードである。

クレヨンしんちゃんもどきが登場する

第三期で、ちびうさが公園で出会う美少年が、クレヨンしんちゃんの物真似(下ネタ)をする。この美少年の声はクレヨンしんちゃんの声を担当している矢島晶子氏が担当しており、スタッフ総出の本気のお遊びである。

ミサトさん?

新世紀エヴァンゲリオンの葛城ミサト役は三石琴乃氏であるが、ミサトの前髪デザインは月野うさぎがモデルになっている。これはほんの一部なので、まだまだ探してみて欲しい。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加