セーラーレテ

セーラームーンも第五期に入ると話の規模がかなり大きくなり、アニメと原作のストーリーにも大きな差異が出ている。セーラーレテもその一人で、彼女は原作にのみ登場する、敵方のセーラー戦士である。

原作では、第五期に入ると早々にうさぎの仲間たちはギャラクシアに消滅させられてしまい、コルドロンへと取り込まれてしまう。

彼女たちを助けるために、セーラームーンは決死の覚悟でギャラクシアの本拠地であるギャラクティカ・パレスへと乗り込むのだが、セーラーレテはそこの防衛を任されている戦士の一人だった。

セーラーレテは、銀河系のとある星、レテ星を守護に持つセーラー戦士だ。共に登場したセーラームネモシュネと共に、「わたくしたちの星」と言及しているところから、ムネモシュネと双子星のような関係にあるのかも知れない。

彼女たちの星はギャラクシアとカオスによって滅ぼされてしまっており、そのため、ギャラクシア配下に下らざるを得なかったようである。

作中での活躍

ムネモシュネに比べて強気なレテは、初めのうちはセーラームーンに対しても積極的に戦いを挑む。が、戦いに対する彼女の姿勢を感じ取ることで、やがて態度が軟化。

セーラームーンを助ける側に回ったことで、ギャラクシアのスターガーデナーであるセーラーΦ(ファイ)・セーラーΧ(カイ)によって粛清されてしまった。

レテの名前は、ギリシャ語で「忘却」をあらわす。ギャラクティカ・パレスの外堀には二重に川が流れているが、その内の一つが「忘却の川」であり、セーラーレテはそこの防衛担当とも言える。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加