ゾイサイト

ゾイサイトは、セーラームーンの作中に登場する敵組織、ダーク・キングダムの幹部の一人。四天王の中で三番目に登場したが、活躍していた期間はそれほど長くはない。名前の由来は灰レン石。

ウェーブのかかった長い金髪(アニメでは亜麻色)を首の後ろで緩く束ねた中性的な美貌の男。前世ではプリンス・エンディミオンを守護する従者の一人で、セーラーマーキュリーと対になっていた。

物語本編で、亜美やマーキュリーと特別に絡む事はない。

アニメ版の設定

アニメ版では、何をどうしたのか女言葉で話すゲイの設定で、クンツァイトとは相思相愛の仲になっていた。クンツァイトは当初ゾイサイトの気持ちを利用しているかのように見えたが、実際にはきちんと大切にしていたようである。

作中での活躍

姦計に長けた男で、邪魔だったネフライトを罠に嵌めて消滅させるなど冷酷で卑怯な手も平気で使う。が、作中では何かとコミカルで愛嬌のある言動が目立ち、未だに根強いファンを持つ個性的な悪役である。

タキシード仮面を誘い出すために偽セーラームーンに扮して逆さづりになったり、銀水晶を探して下水に潜り、ドブネズミの大群に追いかけられるなど、身体を張って仕事をしていた。技をかける際に「ゾイッ」と掛け声をかけるのも特徴。

最後はタキシード仮面を殺そうとしたことがクイン・ベリルに発覚してしまい、その怒りをかって攻撃を受け、クンツァイトの腕の中で息絶えた。

実写版では原作同様、ゲイと言う設定はなく、男らしい男性として描かれていた。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加