タイガーズ・アイ

タイガーズ・アイは、第四期デッド・ムーン編に登場する敵の一人である。敵幹部アマゾネス・カルテットの配下であり、虎から人間の姿に変えられ、利用された哀れな存在。

ホークス・アイ、フィッシュ・アイと共にアマゾン・トリオを名乗っており、第四期における最初の反セーラーチーム。

最初は虎の姿をしていたが、その後、魔法をかけられて人間の姿に変身できるようになった。人間時は長い金髪をうねらせ、鞭を片手に若い女性をつけ狙う美男子だが、なぜかオカマ口調で話す。

作中での活躍

原作ではミラーハウス内でレイを襲撃するも失敗、マーズ・クリスタルによってパワーアップしたスーパーセーラーマーズによって倒されてしまった。

アニメではトリオ中、最初に登場したのがタイガーズ・アイであり、最も多くの夢の鏡を覗いた敵。と言う事はつまり、最もセーラーチームに撃退されたことが多い敵でもあるのだが。

アニメにおけるアマゾン・トリオの中では、最初に登場したこともあってリーダー的役回りなシーンも多い。

お互いを罵り合いながらもトリオの仲は良いようで、自分たちの存在に疑問を持ち始めたフィッシュ・アイの行動によって、ジルコニアに資格を送り込まれるも、三人で共闘しながらうさぎを助け、スーパーセーラームーンとして戦うよう促した。

戦闘で命を落とすも、ペガサスの力で本当の人間となり、魂はペガサスが住まう森へと送られた。久々に登場した男性の敵チームであり、若干変態っぽい言動も相俟って、ファンからはいまだ根強い人気を誇る。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加