深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)

セーラームーン第三期には、タリスマンと呼ばれる三つのキーアイテムが登場する。深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)は、その中の一つである。

タリスマンの中では探知を司るとされるディープ・アクア・ミラーは、ネプチューンの体内に隠されていたタリスマン。物語の中盤で姿を現し、伝説の聖杯、レインボー・ムーン・カリスを出現させるきっかけとなった。

手鏡の形をしており、原作では細かな花の模様が、アニメではネプチューンの紋章が刻まれている。ネプチューンが本来持つ海を操る力を増幅するほか、遠方のものを映しだしたり、偽りの正体を暴いたりすることができる。

サブマリン・リフレクション

ディープ・アクア・ミラーを使った必殺技はサブマリン・リフレクションと呼ばれ、鏡から異次元の光を放射して敵を消滅する。また、分身した敵に向ける事で本体を探す、と言う使い方も可能。

海王みちる自身も海のざわめきから不吉な予兆を感じ取る能力を持っており、神秘的な彼女にふさわしいタリスマンである。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加