ネフライト

ネフライトは、セーラームーンの原作・アニメ第一期で登場する敵組織、ダーク・キングダムの幹部。四天王の中では二番目に登場し、セーラームーン達を苦しめた。外見上は大柄で大人っぽいイケメンで、濃い茶色のウェーブがかった長髪。名前の由来はジェダイトと同じく翡翠である。

原作ではやはりエンディミオンを守る従者の一人であり、セーラージュピターと対になる存在であった。ラストはジュピターに倒されて消滅しているが、マーズとジェダイトほど細かな描写はない。

アニメ版では魔力・格闘能力共にすぐれた男で、クンツァイトに次ぐ四天王ナンバー2であった。自分なりのポリシーを持っており、仮にそれがクイン・ベリルの思想と相いれなくとも、自身の誇りを貫く紳士。

独自の占星術などを利用して、ターゲットを絞り込み、妖魔を憑依させるなど戦略的にも優れている。

作中での活躍

実業家「三條院正人」として大阪なるに近づき、そのエナジーを狙ったものの、それがきっかけで少しずつ彼女に惹かれて行くようになる。

最後にはゾイサイトと、彼が差し向けた配下の妖魔からなるを助け、両想いとなったが、この時に致命傷を負ってしまい、なるに嘘をついていた事を謝りながら絶命した。

四天王の中ではもっとも人間味の強かった男であり、前世ではエンディミオンに対する忠誠心も人一倍高かったようだ。

ちなみに、実写版のネフライトは原作とは大きく異なるデザインになっており、髪は赤い短髪、同じく赤い軍服を着た軍人のような出で立ちである。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加