プリンセス・ウラヌス

原作第四期の終わり、新しく出現した聖杯に力を注ぐため、セーラーウラヌスが見せた新しい姿、それがプリンセス・ウラヌスだ。男か女か始終分からない書き方をされていたウラヌスだが、ここではしっかりとプリンセスとしての姿を見せている。

コスチューム

イメージカラーは戦士の時と同じく紺色。中性的な彼女の魅力に合わせたシンプルなマーメイドドレスで、フリルなどの装飾もかなり少ない。

バックサイドが薄い紗のような生地でできており、そこから下の生地が透けると言うデザインになっているようだ。

髪が短い分、首のリボンが目立っており、全体的にきりっと引き締まった印象だ。ドレスを着ていてもカッコいい、ウラヌスらしいデザインと言えるだろう。

天王星のプリンセス

天王星に「ミランダ・キャッスル」という城を持っているようだ。プリンセス・ウラヌスとして覚醒する以前、外部太陽系戦士として一人星を守っていた時代からこの城があったのかどうかは不明。

聖杯に力を注ぐと言う使命を果たした後は、また普通のセーラー戦士に変身するようになっている。

登場作品

原作漫画のみでしか登場しない姿で、女らしい彼女を目にすることができる数少ないチャンスだ。アニメに比べて原作では女性の格好をしているはるかも多いが、これほどきちんとしたドレスとなるとやっぱり貴重。

はるかと言えば男装のイメージが強いが、ドレスを着てもやはり美人なのだから、美形は何をやっても美形と言う事なのだろう。

ちなみに、ミランダ・キャッスルでネプチューンと同居していると言う訳ではないので、あしからず。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加