プリンセス・ヴィーナス

プリンセス・ヴィーナスは、原作漫画第四期末に、新しく生まれた聖杯に力を注ぐために覚醒した、セーラーヴィーナスの新しい姿だ。戦士としてのコスチュームだったセーラー服から、いかにもプリンセスっぽいロングドレスに変化した。

コスチューム

ドレスのイメージカラーは黄色。胸の下に幅広のリボンベルトを巻いており、そこから左右に広がるようにフリルが流れている。

外側の布は薄い紗のような生地で、その下から濃い黄色のドレスが透けているような感じだ。長い金髪との相乗効果で、非常にゴージャスで華やかな印象がある。主人公と言われても違和感がない。

金星のプリンセス

プリンセス・ヴィーナスは、金星に「マゼラン・キャッスル」と呼ばれる城を構えているようだ。ここにはプリンセス・ヴィーナスの守護精霊であるアルテミスも暮らしているが、他の居住者がいるのかどうかは不明。

聖杯に力を注ぎこむ際には、マゼラン・キャッスルの名前も唱えていた。

登場作品

原作漫画のみにしか登場しないため、その姿を確認できる機会は非常に少ない。ネットで検索をすると、武内先生が描き下ろしたカラーイラストが見られるが、大変美しいので必見だ。

また、ほとんど知られていないものの、実写版セーラームーンでは、セーラームーンの影武者を務めるため、ヴィーナスが「プリンセス・ヴィーナス」と名乗るシーンがあった。

が、この名乗りが、マゼラン・キャッスルのプリンセスとしてのヴィーナスをイメージしたものかどうかは不明。姫としての印象を強めるために名乗った可能性の方が高いだろう。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加