超音波攻撃

セーラームーンに超音波攻撃なんてあったっけ?と疑問に思うファンも多いだろうが、これはセーラームーンとセーラーちびムーンがひそかに持っている攻撃手段の一つ。シニヨンに装着しているバレッタは超音波増幅装置になっているそうで、これを利用して敵に振動派攻撃を行うものである。

どのような時に超音波攻撃を使うのかと言えば、ズバリ「セーラームーンが泣いた時」である。ただでさえ泣き虫のうさぎ=セーラームーンであるが、その泣き声をバレッタで増幅し、周囲に高周波の音波を拡散する。

この攻撃を受けた対象は身体がしびれ、動けなくなる。戦闘においては上手く使えば非常に有効そうだが、攻撃の対象を敵の身に絞れないのが難点。近くにいれば味方も影響を受けてしまうため、あまり実用的ではない。

本編においては、原作の一期にてこの攻撃を見ることができる。また、アニメでも使用したことがあるが、シリーズ通して二回のみと、非常にレアな攻撃技になってしまっている。

スポンサード リンク

ソーシャルボタン

お友達にも是非このページを教えてあげてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加